ご報告 復職しました。

お疲れ様です。ペンギン看護師です。

私は昨日8月10日についに復職しました。

休職期間は1か月。この短さで済んだのは限界が来る前に休ませてもらうことができたからです。

1番最初に休職したときは、限界に達してからだったので、復帰するのに2年近くかかりました。

休職に至るまでの期間よりも、回復期間のほうがだいぶ長いことを覚えていてほしいです。

それはあなたが怠けたり、さぼったりしているからではなく、それほど頑張ってきたからです。

体や心がもう無理!となっても頑張り屋のあなたは頑張り続けたのです。

今休職されている方、完全に病気になる前と同じというわけにはいかないと思います。

それは覚悟しておいてください。

でもそれは悪い意味ではなく、色々と感じ方、考え方が変わっていくのです。

一番は自分で自分を大切にする。これができたらいいですね。

私もなかなか上手くいきませんが自分の人生なので自分を一番に考えてあげたいと思っています。

目次

ご報告 パート2

ブログを見ていただいたら、わかると思いますが、この度、こちらのブログがGoogleアドセンスの審査に通りました。

こちらのブログは病気に関連することや普段の精神状態なども書いていますので、一応申請するものの、絶対通らないと思っていたので、びっくりしました。

昨日そのメールが届き、さっそく広告の設定をしたのですが、上手くできておらず。

私が表示したい方法ではないので、また編集したいと思っています。

しかし、復職したのもあり、以前ほど時間が取れないので時間がかかると思います。

ご不便をおかけします。申し訳ございません。

ちなみになぜアドセンスの審査に通ったかは全く分かりませんので、攻略法などの記事をアップする予定はございません。

仕事内容について

今までは病院で働いてきました。身バレを防ぎたいのでそこまで詳しくは書けませんが、コロナ関連のお仕事にも携わっていました。

今回は異動して復職という形をとらせていただいたのですが、同じ系列内の施設へ異動ということで、職場も仕事内容も何もかも変わり、転職したような形です。

デイサービスの看護師としてこれから働いていきます。

勤務形態はこれまで通りパートとして働きます。

時間帯はフルタイムですが週4日のみの勤務でこれからも働いていきます。

デイサービスは看護師の人数が1人か2人ですので責任は大きいですが、病院ほどの緊張感ではなさそうなので自分のペースで働けそうです。

私の看護師としての経歴

私は病棟でのいわゆる受け持ちとして働いた期間は新卒の2か月だけです。

なので今から受け持ちを担当しても新人の方以上にわからないことだらけです。

外来に勤めた経験が少しだけあるので、採決とサーフローは一応できますが。

それもできるようになったのは最近です。

Twitterで交流させていただいている方に新人看護師で辛い方、休職されている方が結構いらっしゃいます。

最初は急性期、3年は同じところでなど色々言ってくる人がいるかと思いますが、本当に辛いなら、それらはスルーし、休職したり、転職しましょう。

あくまで私の経験談ですが、資格さえもっていれば、仕事は何とかなります。

意外と病気に理解を示してくれる職場はあります。

Twitterにも書きましたが、転職される場合は転職サイト、エージェントよりも都道府県ナースセンターを利用してみてください。

転職サイトなどを使用すると私たちは無料で利用できますが、雇う側は雇った後、転職サイト側に高額な金銭を払うことになっています。

そのため、臨床経験が浅い人は雇われづらいです。

面接すらお断りされていました。

ところがナースセンターは雇われる側も雇う側も無料で利用できるので、わりとすぐに面接していただけました。

いくつか面接していただいたり、雇っていただきましたが、面接といってもそこまで厳しいものではなかったです。

ナースセンターが少し事情を話してくれており、そのうえでの面接なので安心感がありました。

私が経験した面接では、雇うことがほぼ決まっている状態で、自分の性格とか話したり、病気でどんな症状があったか話したり、希望の勤務形態を聞いてもらい、配属先も配慮してもらえていました。

すべての病院、ナースセンターに当てはまるかはわかりませんが、参考にしていただけたらと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる